カンナビジオールオイルの最新ニュースなら「CBDオイルでリラックスな日々」

カンザス州で病気の治療に”THC入りCBDオイル”が使える日はくるのか?

カンザス州では医療大麻の合法化を検討中


2019年3月、アメリカのカンザス州で少量のTHCを含むCBDオイルの使用を許可する法案を下院議会が承認しました。

カンザス州では大麻は合法化されておらず、今回の法案は病気の治療を目的とする使用に限って例外的に認めるというものです。

この法案は今後カンザス州上院議会に送られ、議論が行われる予定だそうです。

 
 

「医療大麻合法化を検討中」カンザス州の大麻事情とは?

 

産業大麻はOK?カンザス州の大麻状況


今回「病気の治療を目的とするTHC入りCBDオイル」の合法化を検討しているカンザス州では、2018年4月に産業用大麻の合法化を行ったそうです。

2018年に合法化が行われたのは産業用大麻のみで、医療大麻や嗜好用大麻の合法化は行われませんでした。

 

この時に医療大麻が合法化されなかったことで、微量のTHCを含むCBDオイルも使えない状況だそうだよ。
病気の治療にCBDオイルを使いたくても使えない状況が続いているみたいだね。

CBD博士

 

CBD初心者

そうなんだ。だから今回病気の治療に使えるように法案を通そうとしているってことなんだね。







 

カンザス州が検討中の法案の概要とは?

 

~病気の治療を目的とするTHC入りCBDオイルの使用~


カンザス州では病気の治療を目的とする”微量のTHCが入りCBDオイル”の使用を許可する法案が検討されています。
最大5%のTHCを含むCBDオイルを使えるようにするというものです。

法案自体は大麻の使用を合法化するものではなく、医師の診断書があれば例外としてTHC入りCBDオイルが使用できるようになるというイメージです。

 

CBD初心者

THC5%ってどんなもんなの?本当に少量なの?

 

5%は多くはないよ。嗜好用大麻などでは10%~20%も含まれていることがあるんだ。

CBD博士





 

~THC入りCBDオイルの使用が認められれば治療の選択肢が増える~


共和党員であるスーザン・ハンフリーズ議員は、カンナビジオールを薬として使用する選択肢があるべきだと述べています。

これまで病気の治療にカンナビジオールを使いたくても使えなかった人が多数いるため、この法案を通して治療の選択肢を一つ増やしたいと考えているようですよ。
 

この法案には、CBDオイルを使った治療を待ち望んでいたけど、治療が受けられないまま亡くなった女の子の話が書かれているんだ。

CBD博士



 

クレアとローラの話


クレアとローラ、この2人は小頭症という珍しい病気をもつ姉妹です。姉のクレアは、小頭症に加えて脳性麻痺とてんかんを患っており、CBDオイルを使った治療が試せないまま昨年17歳の若さで亡くなってしまいました。しかし、12歳の妹ローラの命はCBDオイルで救えるかもしれないとの悲痛な訴えが書かれています。
 

CBD初心者

ローラにはCBDオイルを使った治療を受けてほしい!

 

そうだね。でも、この法案が承認されないと受けられないんだ…。

CBD博士




今の法律ではTHCが入ったCBDオイルを使うことができないため、もしかしたら病気に効くかもしれない治療が受けられなくなっています。
しかし、今回の法案が承認されれば、医師の診断書があれば使用が認められることになります。





 

カンザス州で病気の治療に”THC入りCBDオイル”が使える日はくるのか?

 

上院議会での承認があれば法案が可決される!


この法案は既に下院議会で承認されているため、あとは上院議会での承認が必要です。しかし、この法案に反対する意見も多数出ているため、承認は簡単にはいかない模様です。
 

CBD初心者

そっかぁ。CBDオイルでの治療を心待ちにしている人がいるから使えるようになって欲しいなぁ。

 

CBD初心者

日本もTHCは非合法だから、きっと同じようなことが起きているんだろうなぁ…。

 

そうだね。やってみたい治療ができないっていうのはもどかしいことだね。なんだか考えさせられる出来事だなぁ…。

CBD博士