CBD入りコーヒーを飲むなら「CBDオイルでリラックスな日々」

タピオカの次はCBDコーヒー?噂のリラックスカフェを徹底チェック


CBD入りコーヒー
リラックス効果抜群のカンナビジオール成分を配合したCBDドリンクを提供するカフェが話題となっています。

人が集まる渋谷や原宿、横浜に次々とオープンしているCBDカフェは、タピオカに続くNEXTブームとなるでしょう。

今回はそんなCBDカフェの気になる実態と人気の秘密をチェックしてみました。
 

CBDカフェはどこにある?お店をチェック


OPENしたCBDカフェ
リラックス効果が認められ、日本でも人気が高まっているCBDオイル。

実はその人気を加速させるCBDカフェが東京都内に続々とオープンしています。

カフェではカンナビジオール成分入りのドリンクはもちろん、手作りのお菓子なども楽しめるようですよ!

まずは最先端のCBDカフェをチェックしてみましょう。

 

【渋谷】クリエイティブ・ナゲッツ


渋谷にあるCBDコーヒー専門店「クリエイティブナゲッツ」の外観
クリエイティブナゲッツは渋谷駅から徒歩2分にあるCBDコーヒー専門店です。

のんべい横丁の中にありレトロ感が漂うショップは「アーティストやクリエイターが無目的に集えるたまり場」をコンセプトにしています。

仕掛け人である柳田結人さんは「ストレスフリーな時ほど良いものが作れる」と考えており、友達と遊んでいるときの会話の中からクリエイティブなものが生まれてくるように、良いものが自然と生まれるようなピュアな場所を作りたいとこのお店を作ったそうです。

渋谷にあるCBDコーヒー専門店「クリエイティブナゲッツ」の内観
そのためクリエイティブナゲッツの店舗情報や最新情報はSNSのみでしか発信していないとのこと。

限られた情報源で「空気が好きだから行ってみよう」と感じた人をターゲットにしているようですね。

以下のSNS投稿を見て気になった方はぜひ渋谷でCBDコーヒーを楽しんでみてくださいね。

 

クリエイティブ・ナゲッツ(Creative Nuggets)

東京都渋谷区渋谷1-25-10 Curva

Instagram ⇒ https://www.instagram.com/c_nuggets99/

Twitter  ⇒ https://twitter.com/nuggets999

note    ⇒  https://note.com/nuggets


 

 

【三ツ沢下町】Cafe&逃げBar White Out


三ツ沢下町のCafe&逃げBarのHP
 

ストレス社会を生きる現代人の「逃げ場」としてつくられた逃げBarではノンアルだけど上がれるナチュラルハーバルドリンクとしてCBD入りドリンクが提供されています。

逃げBarのCBDドリンクはオリジナルドリンクで「エリクサー」という名前がついているとのこと。

ノンアルでありながら軽い酩酊感をかんじる感じることが出来るCBD入りドリンクは、ストレスの解消効果にも期待が出来るようです。

また逃げBarはスペースのレンタルも可能でCBDアイテムを販売している「ワンインチ」さんもドリンクの販売を行うようですよ。

 

CBDオイル販売「ワンインチ」社長のツイート

 

Cafe&逃げBar White Out

神奈川県横浜市神奈川区松本町6-45-4 市川ビル1階

営業時間 ⇒ 12:00-17:00/19:00-23:00

定休日  ⇒ 水・日

公式サイト⇒ https://www.nigebar.com/


 

 

【原宿】HealthyTOKYO


原宿に出来たCBDカフェ「ヘルシートウキョウ」

羽田空港でもCBDオイルを販売しており、知る人ぞ知るヘルシートウキョウは原宿にCBDカフェをオープンさせました。

HealthyTOKYO原宿店ではCBD入りドリンクに加えて手作りのCBD入りフードなども提供しているようです。

ヘルシートウキョウのCBD入りラザニア
もちろん羽田空港で大人気のCBD入りラザニアも食べることができるとのこと。

ドリンクに入れるCBDオイルは摂取量の調節も可能で、ドリンクに使用しているCBDオイルは全て店内で購入することができるようです。
 

 

HealthyTOKYO(ヘルシー トウキョウ)

東京都渋谷区神宮前3-27-14

営業日 ⇒ 9:00-20:00

HP   ⇒ https://healthytokyo.com/ja/

 

参考:国産CBDオイルを使いたい人のためのブログ【ゆり@CBDヲタク】


このようにCBD入りドリンクを提供するカフェが続々と登場しています。

中には「タピオカよりも人気が出るのでは?」と考えている人もいて、CBDカフェに注目が集まっていることが伺えました。


 

CBDカフェに注目が集まる理由を徹底分析!


フラペチーノ・タピオカに続いて第三のドリンクブームを巻き起こすと言われているCBD入りドリンク。

社会的ブームになる背景にはどんな理由があるのでしょう?

 

CBDオイルの効果を手軽な価格で楽しめる


CBDコーヒーを買うお金

高いリラックス効果をはじめとし、健康や美容への影響に注目が集まっているCBDオイルは一般的なサプリメントと比較すると高額です。

このように値段の問題で利用を控える人もいるようです。
 
確かに高濃度で安全性の高い商品であればあるほど値段は高く、CBDオイルは手軽に試しにくいのが現状です。

効果を既に実感している人は値段相応だと思うかもしれませんが、はじめて購入する人の中には高いから買わない&高くて買えないという方もいることでしょう。

CBDカフェの単価は1杯約700円程度、カンナビジオール成分の効果をちょっと試してみたいという人にはピッタリなんです。


 

CBDオイルは話題性が高い


CBDコーヒーの話題

またCBDカフェはカンナビジオールオイルに興味がない人も「おっ?」っと思うような話題性を秘めています。

なぜならCBDカフェは成分について理解のある人以外にとっては「日本で大麻ドリンクが飲めるカフェ」だからです。

ちょっと危険な香りがするドリンクが1000円くらいで飲めるというのは、フラペチーノやタピオカで少し高いドリンクに慣れた人々にとっては面白いネタとなることでしょう。

私はこれでCBDオイルの効果を実感してくれる人が増えればいいなーと思っています。

 

CBDオイルの飲みにくさが解消される


CBDオイルの味を確かめる人

効果を考えるとオイルやリキッドが流行って欲しいと思いますが、実際はドリンクのほうが人気は高まると考えています。

その一番の理由は「独特の風味による摂取の難しさ」です。

SNS等をチェックしていると味が苦手で飲めなかったなどの投稿を見かけることも多いです。

飲みやすさを重視した「麻の一滴CBD」のようなカプセルタイプの商品も販売されているほど継続に必須な条件ですから、コーヒーなどと一緒に飲むことで苦みや臭みが消えて飲みやすいというのは流行に欠かせない重要ポイントであると言えるでしょう。


CBDサプリ「麻の一滴CBD」の商品紹介

 

CBDオイルは内輪感が強い


CBDコーヒを楽しむ人たち

タピオカブームが長く継続しているのはティーンのアイコンだからと言っても過言ではないでしょう。

想像してみてください。

自分がハマっているものを友人も一緒に楽しんでくれたら楽しいですよね。
でもそこに全く知らない人が来て場を荒らしていくと多端に冷めませんか?

タピオカは若い子たちがしらけないようにターゲットを絞ったマーケティングがされているようです。

そう考えるとCBDオイルは安定した大人をターゲットにしています。
おいしいコーヒーを楽しみつつ大人同士でゆったりした交流を楽しめる。

これこそCBDカフェの強みであり大人のアイコンドリンクとなる理由と言えるでしょう。


 

CBDカフェでリラックスドリンクを楽しもう


CBDコーヒー
タピオカの次はバナナジュースとも言われていましたが、私はCBDカフェがNEXTブームになると考えています。

そこで今回は続々とOPENするCBDカフェをご紹介しました。

味や風味、価格を気にせずにCBDオイルを楽しめることができるCBDカフェ。

カンナビジオールのリラックス効果が気になっている人はもちろん、おしゃれなカフェが好きな人、毎日の生活に癒しが欲しい人など、さまざまな人に需要がある場となるのではないでしょうか?

気になる方は今のうちに是非チェックしてみてくださいね。
 
リラ日々管理人

管理人

 

CBDカフェに関する情報はリラ日々管理人ツイッターでも配信中!ぜひフォローしてくださいね~。