カンナビジオールオイルの最新ニュースなら「CBDオイルでリラックスな日々」

筋力トレーニングにプロティンはもう古い!最新の筋トレサプリ『CBDオイル』が凄い!

【警告】プロティンって実は危険なサプリメントなんです!


筋力トレーニングにダイエット、頭皮ケアと多様な効果を謳った筋肉増強サプリ(プロティン)が販売されています。

ネット通販などで手軽に入手できるようになったプロティンは、自分を磨きたい人にとって必須なサプリメントであると言えるでしょう。

しかし、そんなプロティンには危険が潜んでいるんです。


今回は『筋肉増強サプリの真実』と『プロティンに代わる新サプリ』について紹介していきます!

 
 

副作用が怖すぎる!筋肉増強サプリが危険な理由とは?

 

筋肉増強サプリの副作用が恐ろしい、甘い謳い文句に要注意!


筋肉トレーニング用サプリ

・筋トレの効果を2倍以上にする
・運動しない人でも素敵なプロポーションが手に入る
・たった数ヶ月で驚きの逆三角形体型!
・食事代わりにプロティンで目標体重達成


このようにプロティンの広告には消費者を誘惑する甘い謳い文句が散りばめられています。

しかし、騙されないでくださいね。

筋肉増強サプリの副作用はかなり危険です。

サプリを飲むことで、具体的にどんなリスクを負うことになるのか確認していきましょう。



 

 筋肉増強サプリを飲むと『肝機能障害』が発症する?手軽に飲めるプロテインは危険なサプリメント


聴診器とメモ

医学誌『Alimentary Pharmacology and Therapeutics』によると、筋肉増強サプリには肝機能障害を引き起こす効果があるそうです。

掲載された研究では「薬物性肝障害ネットワーク」に登録された44人の男性を標本に調査を行っていました。


調査対象の44名の男性は「筋肉増強サプリを摂取しているか」という質問に対して、すべての男性が「YES」と回答していたそうです。

また、44人の男性のうち3/4の男性が黄疸(おうだん=皮膚や眼球の黄染)や腹痛などの肝障害で入院をしていたことが分かり、筋肉増強サプリと肝臓の関係が問題視されることとなりました。

 

CBD初心者


筋肉と引き換えに健康な肉体を手放すなんて本末転倒だね。





 

危険なのは『ステロイド』だけじゃない、プロテインの配合成分をチェックしてもリスクが高い理由とは?


メジャーで計測されているリンゴ

タンパク質合成を促す作用を持つとして、多くのプロティンに配合されているのが『アナボリックステロイド』です。

このアナボリックステロイドが肝機能障害を引き起こすとして危険だと言われており、配合量の規制がされるなどの処置が行われています。

しかし、海外製の筋肉増強サプリでは成分表示が偽造されている実例が多く、アナボリックステロイドの記載がないからと言ってサプリメントが100%安全だとは言い切れないようです。

また、アナボリックステロイドの代用品として薬物群『SARM(サーム)』が利用されるようになったのですが、このSARMにも副作用があるとして厳密な調査が行われ始めており、筋肉増強サプリメントの安全性は確定できない状態であると言っても過言ではないでしょう。
 


海外製品は日本のような厳密な検査を行っていない場合が多いんだ。
成分の混入を知ることは不可能に近いし、買わないという選択が一番賢いのかもしれないね…。

CBD博士




 

危険なステロイド入り筋肉増強剤は日本でも販売中!SARM配合は嘘?


危険な『アナボリックストロイド』を配合しているサプリメントは海外でも大きく取り上げられており、販売されているプロテインについて問題の報告がされています。

例えば、 肝機能障害患者が使用していた「ファクターD」という筋肉増強サプリのラベルには記載がないにも関わらず、実際には3種類のステロイドが含まれていたそうです。

配合されていたのはアナボリックステロイドである『テトラヒドロコルチコステロン・スタノゾロール・メチルドロスタノロン』で、いずれも副作用として肝機能障害を発症させる危険性がある成分だったそうです。


また、米ブリガム・アンド・ウイメンズ病院の研究チームが11月末に米国医療情報学会誌に発表した論文によれば、通販サイトで購入した44種類の筋肉増強サプリの中で『SARM(サーム)』を含んでいたのは52%だけで、残りの39%には別の未承認成分、9%は成分が不明だったとの発表がされています。
 
過去には筋肉増強剤の中に医薬品成分や禁止薬物、重金属、殺虫剤といった危険な化学物質が混入していたこともあり、この結果は消費者にプロテインの危険を感じさせるには十分なものであったと言えるでしょう。
 


筋肉増強剤についての研究は常に増えているよ。
その中でもプロテインの危険性についての研究はとても多いんだ。

CBD博士




 

ビタミン剤3倍以上のリスク!筋肉増強サプリの規制を求める声も…!


色んな顔のスマイリー

「Journal of Adolescent Health」6月5日オンライン版に公開されているレポートによると、筋肉増強サプリメント摂取に関連した健康被害は977件

そのうちの40%である約390件が、入院や脂肪などの危篤な被害を引き起こしていたそうです。

減量や筋肉増強・活力増進などの効果を謳ったサプリメントの摂取は、ビタミン剤の摂取と比較して生死に関わる健康被害を引き起こすリスクが高く、その危険性は約3倍になることも解析で分かっています。

筋肉増強サプリやプロティンは脳卒中や精巣がん、肝障害、死亡と関連があるという研究報告も発表されており、米ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生大学院のFlora Or氏は 「若者が健康に有害な可能性があるサプリメント製品を使用できないように規制をかけることが急務だ」 とサプリの使用制限を求めていました。

CBD初心者


研究者がサプリメントの使用禁止を求めるなんて…プロテインは凄く危険なんだね。





 

ステロイドは絶対悪?ドーピング違反の対象成分って本当?

 

東京オリンピックでも使用禁止、筋肉増強剤『アナボリックステロイド』


逮捕される人

オリンピックのドーピングを取り締まる世界アンチ・ドーピング機構(WADA)と、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)ではアナボリックステロイドを禁止物質に認定しています。

もちろん禁止物質リストには、SARM(サーム)も含まれていました。

摂取が判明した場合はペナルティを課せられるとともに、世界的なドーピングの基準を選定する機関であるWADA規程署名国にも知らされるようです。

関連記事 ▶ 東京オリンピックに向けて再確認しよう!新ガイドラインはどこが変わったの?
 


 

危険なのは成分の副作用だけじゃない?過剰摂取も危険なプロテイン


メモリ

プロティンなどの筋肉増強剤で気にするべきは副作用だけではありません。

商品の規定量を守らなかった場合は、人工的に配合されたプロテインによって腎臓を壊す可能性が高いそうです。

パウダータイプの筋肉増強剤を摂取して腎機能を示す「尿アルブミン」の数値がいきなり悪くなったというケースも報告されており、大量摂取はとても危険だと言われています。
 


人工的なサプリメントは消化段階で不調を引き起こすこともあるみたいだね。

CBD博士





 

CBDオイルならドーピングも大量摂取も大丈夫!筋トレ前の新週間

 

アナボリックステロイドの代替品はCBDサプリ?筋肉増強やリラックスにおすすめ


副作用のある商品

ここまで紹介してきた筋肉増強剤(プロテイン)は、禁止物質リストにも掲載されており、厳しいドーピング検査があるアスリートはもちろん、筋力トレーニングを頑張る人にもオススメは出来ないものでした。

また、プロテインを使用した人の多くは副作用に悩まされると言います。

代表的な副作用の症状としては、全身倦怠感・脱力感・精神を病む・頭髪の脱毛・睾丸機能の低下などが挙げられるそうです。

こんな危険なサプリメントは使えないですよね。


そこで、筋力トレーニングを頑張る皆さんに『CBDオイル』をおすすめしたいと思います。
 


CBDオイルは筋力トレーニングを頑張る人にオススメの、新しいサポートアイテムなんだ。

CBD博士




 

筋肉を肥大化させたい!筋肉増強に一押しの『CBDオイル』とは?


CBDオイル

CBDオイルはマリファナ(大麻)の有効成分のみを抽出したスーパーフードです。

違法成分であるTHCを排除して安全に利用できるようにした健康食品の人気は年々高まっており、雑誌『anan』などで紹介されたり、伊勢丹で販売もされるほどになりました。

海外では医薬品として扱っている場所もあり、薬理効果にも期待できると言われているCBDオイルですが、副作用の発生などの煩わしい側面は無いようです。

日本では主にリラクゼーションサプリとしての販売が行われています。
 

CBD初心者


CBDオイルはストレス解消や不眠症の改善などに効果的なサプリメントとして販売されているみたいだよ。




 

筋肉トレーニングにCBDオイルが効果的な3つの理由とは?


より効率・安全性の高い筋トレを叶えるならば、CBDオイルは無くてはならないものでしょう。

筋トレとCBDオイルがベストパートナーである3つの理由をご紹介します。
 

 

理由①トレーニング時の集中力を高めることが出来る


肩周りの筋肉を鍛える女性

CBDオイルは運動時の集中力を高める効果を秘めています。

集中力が高まった状態で行うトレーニングは、筋肉を意識しないで行ったトレーニングよりも効果があると言われています。

正確なフォームを意識したり、普段よりも長時間トレーニングに励むことが出来たりと良いこと尽くしなようです。

フィジークのチャンピオンであるブランドンヘンドリクソンもCBDオイルをトレーニング前に摂取することで、集中力を高めてより効果的なトレーニングを行っていると自身のInstagramにて報告しています。



 

理由②疲労回復が出来るため、体調管理がしやすくなる


ベッドで寝る赤ちゃん

トレーニングに欠かせないものの1つに良質な休息による超回復があります。

CBDオイルのリラックス効果は『良質な睡眠』を作り出してくれること間違いナシです。

エンドカンナビノイドシステム(ECS)に直接働きかけて身体バランスを整え、深い睡眠状態である『ノンレム睡眠』を引きのばしてくれるのが効果的みたいですね。

「トレーニングの疲労感を翌日に持ち越さない」

CBDオイルを飲めば、そんなトレーニー生活を手に入れることができるのです。
 

 

理由③抗炎症作用で筋肉痛を緩和してくれる


足つぼマッサージ

筋肉にダメージが加わることで起きる筋肉痛も、CBDオイルで手軽に緩和することが出来るって知ってました?

CBDオイルには抗炎症作用があるとWHOが認めており、副作用の強い鎮痛剤・抗炎症剤に代わるとして高く注目されています。

そのメカニズムについては、まだ研究途中ではあるものの、『Journal of Experimental Medicine』に掲載された2012年の論文と、痛みに関する専門誌『European Journal of Pain』に掲載された2016年の論文では、CBDで慢性痛や関節炎が緩和することが判明しているんです。

バンテリンやサロンパス、アンメルツで耐えてきたトレーニーは、今すぐCBDオイルを買いましょう。



 

アスリートもCBDオイルでトレーニング中!憧れのあの選手も?


2017年にWADAがCBD成分を禁止薬物リストから除外したことによって、実際にCBDオイルを筋肉増強に使っているアスリートは急増しています。


▼プロフィジーク選手:ブランドンヘンドリクソン

ブランドンヘンドリクソン選手
 
▼総合格闘技選手:ネイト・ディアズ

ネイトディアズ
 
▼自転車ロードレース選手:フロイド・ランディス

フロイドランディス選手
 
スポーツとの関係性は年々高まっており、近年ではCBDブランドがスポンサーになるなどの大きな変化が見られます。

運動を楽しむ人ならCBDオイルを使っていて当たり前な時代が到来するかもしれません。

 


憧れの有名選手が使っていると、安心して利用することが出来るね。

CBD博士




 

CBDオイルで安全に筋肉を増強する方法

 

素早く安全に筋肉を付けたいならこれを読め!CBD筋肉マニュアル


本

基本的に海外で生産されているCBDオイルでは、THCが混入した粗悪品が発見されることもあるようです。

『THC』の副作用はステロイドよりも酷いうえ、大麻取締法違反成分であるために最悪の場合は持っているだけで逮捕されます。

そこで、安全で効率的に筋肉を増強するための『CBD筋肉マニュアル』を紹介します!



 

その1、国産CBDオイルで確実な安全性を確保しよう


スプーンに乗ったシリアル

先ほども言ったように『海外で作られる商品は信用できない』というのが、現在のCBDオイル市場です。

アメリカ食品医薬品局(FDA)は、CBD由来の「エピディオレックス」を医薬品として認可したものの、CBDオイルを食品に混ぜて販売することを2019年7月に禁止しました。

その背景をジャーナリストたちは、CBDの市場が混沌状態にあって粗悪品が出回ってしまったからだと言っています。


The Journal of American Medical AssociationによるCBD製品市場の調査(2017年)では、84製品中、31%だけしか表示通りのCBD含有量がなかったそうです。

さらに、製品群の5分の1に『THC』が含まれていたそうです。


アメリカのサプリは品質が世界一良いと言われていますが、それはしっかりと認可を受けているものに限られているようです。

THC混入の危険を避けたい日本人やアスリートならば、国内で生産された安全なCBDオイルを利用するのがオススメです。



 

その2、リラックス状態に入ってから筋トレを開始しよう


筋トレをする人

CBDオイルを飲むことで感じる効果には個人差があります

CBD濃度が高すぎた場合はリラックス効果が強すぎて眠ってしまう事があるので、トレーニングに使用したい場合は低量のものからスタートして自分に合ったものを探します。


一般的には、低濃度のCBDオイル(5%程度)を使用した場合、心と身体が程よくリラックスして覚醒状態に入ると言われています。

覚醒状態に入るとトレーニング中の集中力がキープされるので、この状態を作り出してから筋力トレーニングをスタートしてください。



 

その3、効果時間を確認してから筋トレにいこう


時計

先ほども言ったようにCBDオイルには個人差があると言われていますが、その中でも差が出やすいのが『効果開始時間』と『効果継続時間』ではないでしょうか。

一般的に体内に摂取されたCBDは15分〜30分程度で効果が出始め、4〜6時間程度持続すると言われています。


筋肉を増強するためにCBDサプリメントを使うのであれば、この効果時間をチェックして集中力が高い時にトレーニングを行うのが良いでしょう。

また、運動前の摂取タイミングをよく記憶しておくと、疲労回復のためにCBDオイルを飲むタイミングも分かりやすいですよ。


CBDには依存性がないということがWHO報告でも確認されているため、こまめに摂取したとしても依存症状が出てしまうことはありません。

しかし、過剰なCBDオイルの摂り過ぎは効果が倍になることも無く、意味のない行為です。

効果時間を確認して、タイミングを調節しながら飲むことをオススメします。
 

 

その4、適量のタンパク質と一緒に摂取しよう


卵料理

CBDオイルを使うことで今までよりも負荷をかけたトレーニングに挑戦することが出来るでしょう。

トレーニングの質を上げれば、筋肉の修復に必要なタンパク質の補給は欠かせません。

今まで以上に鶏肉や卵などのたんぱく質が豊富な食品を摂取し、筋肉を効率的に増強させていきましょう。


 

その5、トレーニング後はCBDオイルを飲んで速やかに寝よう


ハンモック

CBDオイルの安眠効果は、筋肉の肥大化をサポートしてくれるそうです。

就寝は1日の緊張感から解放され、疲労感の解消と筋肉の超回復が行われる時間です。

より良い眠りを作り出すためにもトレーニング後に帰宅して、就寝の準備をしたらCBDオイルを飲んで速やかに寝るようにしましょう。




 

筋肉増強には安全な『CBDオイル』を飲むべし!

 

ステロイド入りプロティンの時代は終わった!筋肉新時代にオススメの『CBDオイル』


筋肉がある人

さまざまな筋肉増強サプリがある中でも危険性が高いことで有名なステロイドプロテイン。

オリンピックなどの大会でも規制されている危険物質であり、副作用で体調不良を引き起こす恐ろしいアイテムであることは、十分に分かっていただけたと思います。

今回はそんなプロティンの代わりとして『CBDオイル(カンナビジオールオイル)』についても紹介いたしました。

CBDオイルは、筋肉増強剤やプロテインの多量摂取に伴う副作用リスクを負うことなく、集中力アップ・筋肉疲労の回復力アップを期待できる新サプリです。

また、運動で生じる炎症を抑える効果もあるという海外の研究成果から、効率的な筋肉増強に持ってこいのスーパーフードとしてアスリートの間でも人気が高まっています。

海外製品は粗悪品も多く危険ですが、国内ブランドのCBDオイルであれば、貴方の筋肉に嬉しい効果を発揮してくれると思います。

筋力トレーニングの相方として、ぜひCBDオイルを選んでみてください。


関連商品 ▶ 株式会社Natulo『麻の一滴CBD』