カンナビジオールオイルの研究結果なら「CBDオイルでリラックスな日々」

CBDの血中濃度が4倍に!?効果を高める魔法の食材とは?

高いリラックス効果で注目のCBDオイル


海外で高いリラックス効果に注目が集まり、人気に火が付いたCBDオイル。
利用者が増えるにつれて様々な効果が実証されており、効果についての研究が日々行われる成分となりました。

 

CBD初心者

日本でも徐々に人気が出てきているみたいだけど、まだ研究中なの?
CBDオイルって毎日どんな研究がされているのかな?

 

効果についてのエビデンスを構築するために研究がされているみたいだね。
色んな研究があるんだけど、その中でも興味深いものがあったから紹介するね。

CBD博士



 

 

イギリスの研究者が見つけ出した効果を4倍にする食品とは?



研究者


海外で人気に火が付き、日本にも徐々に広まっているCBD(カンナビジオール)ですが、ある食材と同時に摂取することによって、その効果を4倍に高めることが出来るという研究報告がされました。
研究報告を行ったイギリスの研究者によると、CBD(カンナビジオール)は高脂肪食と同時に摂取することで効果が高まるようです。
CBDを高脂肪食と一緒に摂取することによって、CBDの血中濃度が4倍以上に増加するため、効果が4倍になるという見解を発表したようです。


 

CBD初心者

けっこう安直な考えに感じるんだけど、本当に正しい研究報告なのかな?
研究報告の内容に不安を感じるなぁ...。

 

具体的な数字には個人差があるかもね。
この見解はボランティアを募って行った研究の報告結果だそうだよ。

CBD博士




この研究結果は12人のボランティアが参加したプラセボ研究により明らかになったそうです。
10時間以上何も食していない状況下で高脂肪食の朝食とCBD1500mgを摂取させ、朝食を食べ終えた30分後に被験者の検査を行うという内容の実験だったそうです。




 

CBD(カンナビジオール)とは?

 

CBD(カンナビジオール)は違法性のない大麻エキス


法の本
 
CBDは大麻草の根や茎からとられるカンナビジオールという成分で、80種類以上存在しているカンナビノイドの一種です。
カンナビジオールはガン・発作・てんかん・うつ・炎症・総合失調症など、250種類以上もの疾患に有効性があると言われています。

カンナビジオールが抽出される大麻草(マリファナ)は日本で違法とされており、使用すれば健康を害する副作用がでることで有名です。
しかし、実際の大麻取締法で規制されているのは大麻草の花や葉であり、厳格には大麻草に含まれるTHCが規制されているようです。
THCには脳の神経系を麻痺させ精神作用(幻覚・多幸感)を与える効果があると言われています。
 

同じ大麻草から抽出できる成分でも危険性に大きな差があるんだね。
CBDは世界保健機構(WHO)でも認められている成分だそうだよ。

CBD博士


カンナビジオール(CBD)の有効性については世界保健機関(WHO)からも見解が発表されています。
世界保健機関は『(カンナビノイドが)がん細胞増殖を抑制し、数多くのがん細胞タイプにおいてがん細胞移動および血管形成を阻害する』などといった内容の大量の前臨床文献を発表しているようです。
このことからも今後CBDは医療業界に新たな革命を与えると言われているようです。

 

同時摂取で効果4倍は本当なのか?

 

CBDの効果を高める高脂肪食とは?


食品にはそれぞれ糖質・タンパク質・炭水化物などが含まれています。
高脂肪食とは食品100gあたりに脂肪の割合が多い食品の事を指すそうです。
牛肉(ばら)やサラミ、生クリームやバターなどが代表的な食品として挙げられるでしょう。
また調理の段階で揚げ工程が入っている料理も、高脂肪食として分類されるそうですよ。
 

CBD初心者

高脂肪食はハイカロリー食なんだね!
健康に悪いからCBDの効果を半減させそうなイメージだったけど、効果を高めてくれるんだね!



 

高脂肪食でCBDの血中濃度が4倍に増加!


高脂肪食

朝食なしのCBD摂取の場合、被験者の血中濃は1mlあたり330ナノグラムだったそう。
それとは対照的に朝食とCBDを同時に摂取した被験者の血中濃度は1mlあたり1630ナノグラムにまで上昇していたそう。
また、朝食後の全身バイオアベイラビリティも4倍に増加していたようです。

 

CBD摂取で4倍に!?バイオアベイラビリティとは?


バイオアベイラビリティは薬剤学において服用した薬物が全身に到達した割合を表す定数のことだそうです。
この数値が高ければ高いほど身体は薬や成分の影響を受けやすくなり、高い効果を感じることが出来るようです。
 

日本語で『生物学的利用能』と言われているそうだよ。
この値が4倍になるということはCBDは高脂肪食と一緒に摂取したほうが断然効果的ってことだね。

CBD博士



 

CBDの研究は日々行われている

 

CBD投与量の薬物動態と忍容性の調査


海外でも大きな注目を集めているCBDの研究は日々行われているようです。
中でも副作用の研究は多く行われており、CBDの豊富な効果を実感するためにも避けて通れない研究だと考えられているようです。
 

豊富な薬理作用があっても副作用があると利用は難しいよね。
CBDの副作用については多くの研究者が注目しており、たくさんの実験が行われているんだ。

CBD博士



アメリカで行われた研究の一つである『CBD投与量による変化と忍容性についての研究』では、CBDの投与による副作用について研究されていました。
この研究には18歳から45歳の9人の健常ボランティアが参加したそうです。
彼らは1日2回の経口投与で1500mg・3500mg・4500mg・6000mgのCBD単回投与を受けたそうです。
1500mgのCBDは高CBDで他のものと比較し、濃度が高いものを使用したと記載されていました。

この実験の結果、多くの被験者が高濃度のCBDに関して高い忍容性がある(副作用が少ない)と回答したそうです。
実験では濃度の高いCBDを投与したことにより、副作用として我慢できる程くらい軽度の頭痛や吐き気、眠気が報告されたそうです。
強い副作用は確認されず、健康を阻害することも無かったとのことでした。

 

投与は継続しても大丈夫?


検査を受ける手

この『CBD投与量による変化と忍容性についての研究』では、CBDを継続的に摂取することによる効果についても検証を行っています。
研究報告によればCBDを摂取した9人のボランティアにCBD750mgまたは1500mgのCBD投与を6日間続けたそうです。
その中で、9人の被験者のうち3人にプラセボ(偽薬)を投与したそう。

このプラセボを投与する3人には『被験者はCBDの投与時に空腹であること』と、『午前中にCBD投与を行うこと』があったそうです。
夜間の投与では最後の食事から2時間後にCBDの投与を行という条件が設けられたそうです。

その結果、食事の4~5時間後、血液中のCBDは最大濃度に達するという事が明らかとなりました。
さらにそれだけではなく、2日後にもう一度検査を行ったところCBDは安定した数値を保っているという事が判明したのです。
この研究により、血液中のCBD濃度を一定に保つには1日2回の服用が最も効果的であるという事が判明しました。

 

血液中のカンナビノイドはどうして変化したのか?


この研究を通して研究者は『胆汁酸がカンナビノイドを含む親油性物質を分解するため、脂肪が腸内の胆汁酸の分泌を促進し、CBDの効果が血液中のCBD濃度の値が変化した』という見解を述べています。
また、もう一方の仮説として『カンナビノイドが腸間膜リンパ系を介した脂肪の同時摂取によって吸収されやすくなったため、肝臓でのカンナビノイドの分解が遅れた』という見解も多く挙がっているようです。
 

CBD初心者

効果が高まった理由については、まだまだ研究が必要なんだね!
CBDの研究結果についてはこれからも注目していきたいね~!



 

血中濃度を高めるだけじゃない!肝臓疾患にも効果的?

 

高脂肪食が原因の肝臓疾患に対しての見解も!?

 

健康診断などでメタボと診断され、生活習慣を見直すように言われたことはあるかい?
あれはメタボになることによって肝臓疾患になりやすくなるからなんだ。
CBDはそんな肝臓疾患にも効果的だと言われているようだよ。

CBD博士



高カロリー、高タンパク質な高脂肪食を取り続けると肝機能に大きな負担がかかるそうです。
高脂肪食に多く含まれる飽和脂肪は肝臓の動きを変化させ、肝硬変などの疾患になるとされています。

肝臓は脂肪や炭水化物の処理において重要な役割を担っており、高脂肪食品の過剰摂取が続くと脂肪が蓄積され非アルコール性脂肪肝を引き起こすことがあるようです。
この疾患は肥満と共に世界に円満しており、アメリカでは薬25%の人が患っていると言われています。
この肝臓疾患にもCBDは効果的だと言われています。

多くのCBD研究により“カンナビノイドが腸間膜リンパを介して脂肪と同時に吸収された”という考えが発表されています。
内因性カンナビノイドが肝臓に働きかけ肝臓実感を予防する可能性があるのではないかという意見によるものだそうです。
現在研究では明らかになっていない事例ですが、海外では多くの実例が報告されており、それによってこのような意見が交わされているようです。
 

CBD初心者

CBDには事例がない効果がまだたくさんあるんだって!
もしかしたらカンナビジオールの新しい効果を発見するのは、僕になるかもしれないんだね!



 

引用:https://www.leafly.de/