カンナビジオールオイルの治療効果なら「CBDオイルでリラックスな日々」

CBDオイルが『てんかん』を治す?アメリカで目撃された驚きの効果とは?

けいれんが特徴の『てんかん』という病気


みなさんは『てんかん』という病気をご存知でしょうか?

突然、全身けいれんが起きることが特徴の『てんかん』という病気。

CBDオイルは、この病気の治療薬として大きな注目を集めています。

 

CBD初心者


CBDオイルって『てんかん』に効くの!?

 


てんかんの発作を改善した実例で知名度が上がったんだよ。

CBD博士


 

 

1000人に5人~8人が発症する『てんかん』



たくさんの人

てんかんは脳の一部または大部分、脳全体の電気的興奮によって発症する病気です。

悩ましい症状の1つに、けいれん発作というものがあります。

けいれん発作が起きると体が痙攣したり、突然意識を失ってしまったりするため、日常生活支障が出るからです。


条件さえ整えば『てんかん』は、誰にでも発症すると言われています。

患者数は非常に多く、いつ・誰が・どうして、発作を起こすのかは分かっておらず、大変危険な病気だと考えられているようです。


また、てんかんの主な治療法は、手術、薬物治療、食事療法などです。

しかし、これらの治療では効果を感じることが出来なかったり、副作用として『興奮、震え、眠気』などが生じてしまう事が多いそうです。


そのため、てんかん治療に効果的であると報告されたカンナビジオール(CBD)が大きな注目を集めています。


 

そもそも、てんかんってどんな病気?

 


『てんかん』について、もっと詳しく学んでみよう。

CBD博士

  

てんかんは脳の神経伝達システムがエラーを起こす病気です。


人間の脳は毎日、膨大な数の神経細胞と繋がって情報伝達を行っています。

記憶や感情、感覚、運動など、全ての動作が神経伝達システムによって行われます。

てんかんは、この神経伝達システムを過剰に動かして脳を興奮状態にしてしまいます。

脳が興奮状態になってしまうと、全身が痙攣したり、身体の一部が勝手に動いて制御不能になったり、意識を失ったりという発作的な行動が起きてしまいます。


つまり、神経システムのバグによって、発作的な行動を繰り返してしまうのが「てんかん」という病気なのです。


てんかんは大別すると、『特発性てんかん』と『症候性てんかん』の2つに分けることができます。
 

 

1.特発性てんかん
遺伝が要因と考えられるてんかんで、検査をしても異常が見つからないことが特徴です。
まだ解明されていない部分が多く、「てんかんになりやすい傾向」を持っているだけで発症すると言われています。


2.症候性てんかん
事故や病気によって脳が損傷したことや、何らかの障害によって発症するてんかんです。
具体的には、出生時に脳に傷がつく、低酸素、脳炎、髄膜炎、脳出血、脳梗塞、脳外傷、アルツハイマーなどにより脳が傷害を受けることが原因だと言われています。
 

 

どちらの「てんかん」も、発症によって意図せぬ発作に悩まされる病気となります。

道路や電車などの危険な場所で発作が起きたら…。

ひとりで出かけることすら出来ない日々を送っている人が多いようです。

CBD初心者


つまり、発作が出なければ快適な毎日を送れるんだね?




 

てんかん治療に効果的なCBDオイルって何だろう?

 

海外では「てんかん治療の新薬」としても扱われているCBDとは?


お医者様

CBDは、カンナビジオールと呼ばれる天然の化学物質です。

アサ科の植物に含まれる植物性カンナビノイド一種で、100種類以上の中で最も薬理効果を期待されている非精神活性化合物と言われています。

世界保健機関(WHO)が2017年の『カンナビジオール(CBD)事前審査報告書』において、てんかん発作・アルツハイマー病・パーキンソン病などに有効だと発表したことで一気に研究が進みました。

また、安全性についての評価も高く、誰にでも利用してもらうことが出来るようです。

そのため、アメリカでは既に医薬品としてCBDを提供しているクリニックもあるそうです。
 

CBD初心者


CBDオイルって凄いんだね!!





 

てんかん治療に効果的?CBDオイルの凄い効果!

 

CBDオイルがてんかん治療に与える影響とは?


CBDオイルの凄さが分かったところで、気になるのは『本当にてんかん治療にCBDは効果的なのか』ということですよね。

現在、CBDはてんかん治療に対して有意な効果をもたらすと言われています。

実際にCBDを使って、てんかん治療を行ったことで発作が減った実例もあるようです。


 

CBDオイルはてんかん発作の発生頻度を低下させる【研究結果】


医療用チェックシート

アメリカでは「CBDを使うことで、てんかんの発作は減るのか」という研究が多く行われています。

ニューヨーク大学ランゴンメディカルセンターのオーリン・デビンスキー教授の研究チームでは、CBDがてんかん発作の発生頻度を下げたという発表がありました。

どうやら、大規模な臨床試験を行ったところ、CBDが深刻なてんかん発作の発生頻度を39%
低下させる
ことが実証できたそうです。


この臨床試験は、2~18歳のてんかん患者120名によって行われていました。

120名の患者をランダムに2グループに分け、1グループは通常の治療。

もう1グループの患者には通常の治療薬に加えてCBDを投与したそうです。


14週に渡って行われた臨床試験の結果、CBDを投与したグループ全体では発作の発生頻度が39%低下し、発作が一度も出なかった患者が3名もいたそうです。


この研究結果はアメリカの医学誌である「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」にも掲載され、世界中から注目を集めることとなりました。
 


アメリカでは、この研究報告を受けて「てんかん治療」にCBDを使う人が急増したよ。

CBD博士

 


 

CBDオイルをてんかん治療に用いた実例も増加中! 

 

週に100回起きていたシャーロットちゃんの発作は週1回に激減


てんかん発作を減少させた実例として有名なのは、アメリカに住む【シャーロットちゃん】ではないでしょうか。

3歳のシャーロットちゃんは、トラベ症候群という重度のてんかんに苦しんでいました。

週に100回以上ものてんかん発作を起こしており、どんな治療もシャーロットちゃんには効果がないという状態だったそうです。


しかし、CBDを投与されたことでシャーロットちゃんの発作は激減しました。

週100回以上ものてんかん発作を起こしていたのが嘘のように、週1回程にまで急激に減少したそうです。


この治療効果はアメリカのCNNニュースで放送され、注目を集めました。

シャーロットちゃんがてんかん発作の為にCBDを使った当時は、CBDには解明されていない部分が多かったからです。

シャーロットちゃんの実例を受けてメディアでは多くの推測が飛び交いました。

そうして、CBDの研究はより活発になっていったのです。



 

1日200回起きていたザカイジャクソン君のてんかん発作が激減


また、シャーロットちゃん以外にもてんかんの実例は報告されています。

ドーゼ症候群という重度のてんかんに苦しんでいた【ザカイ・ジャクソンくん】。

1日200回もの発作が起こり、生まれてから10年ほど発作に苦しめられていました。


ザカイ・ジャクソンくんも様々な治療法を試してみたものの、効果が無かったそうです。

そうして、遂にCBDを投与した治療が行われることになりました。


その結果、なんと...CBDによって、てんかん発作がピタッと止まったのです。

生まれてから10年間で1日も発作が出ない日は無かったそうですが、CBDを投与してからは発作が出なくなり、1年以上たった今も発作が起きていないそうです。
 

CBD初心者


2人もCBDでてんかん発作が無くなってるんだ!

 


 

CBDオイルはてんかんの治療に多く用いられていた

 

CBDオイルは海外でてんかん治療に効果的とされていた



研究室の中

『てんかん治療』にCBDを利用している日本人は少数派ですが、海外では既にCBDオイルが治療に使われていることが分かりました。

発作を減少させる効果のあるCBDオイルは、薬物治療による興奮・震え・眠気などの副作用を抑える効果もあると重宝されているようです。

日本でも使用するクリニックが徐々に増えてきており、CBDオイルが今後のてんかん治療に取り入れられていく可能性は大いにあると言えるでしょう。
 

管理人


CBDオイルの可能性はTwitterでも紹介中!

気になる情報はリラ日々管理人ツイッターをチェック&フォローでGETしてくださいね。